依頼者側の立場で設計してもらえる

注文住宅を建てる場合の選択肢の一つとして、設計事務所に委託するというやり方があります。この設計事務所の特徴として、まず挙げることができるのが、依頼者の立場に立って設計を行ってもらえるという点です。設計事務所では、依頼者の希望を詳しくヒアリングした上で、それを踏まえて図面を作成します。施工については、提携している工務店に依頼するケースが多いのですが、依頼者の希望をかなえてくれるところかどうかどうかという観点で工務店を選んでくれるので、必然的に出来上がった家の満足度が高くなりやすいのです。そのため、なるべく自分のこだわりを実現させたいと考えている方にとっては、設計事務所に依頼するというのは良い選択であると言えるでしょう。

住宅設計の自由度が高い

設計事務所のもう一つの特徴は、設計の自由度が非常に高いという点です。ハウスメーカーの場合、完全にオーダーメイドで設計するケースがないわけではありませんが、社内の基準によって使用可能な建築資材や住宅設備があらかじめ決められていることが少なくないため、どうしても対応できる範囲には限りがあります。それに対して、設計事務所の場合には、そういった制約はほとんどないため、依頼者の希望に沿って柔軟に設計を行うことが可能なのです。もっとも、そうは言っても、法定されている建築基準のように、注文住宅を建てる上で最低限守るべきものは存在するため、依頼者が望めば何でもできるわけではないという点に注意する必要があります。

新築一戸建てのマイホームを購入するには、注文住宅と建売住宅のどちらかを選ぶ必要があります。設計段階から関わりたい場合は、注文住宅を選ぶことになります。