築10年で検討すべきメンテナンス

注文住宅は建てて終わりではなく、長く住むためには定期的なメンテナンスが不可欠です。もっとも、本格的なメンテナンスが必要になってくるのは、建ててから10年くらい経ってからになります。必要なメンテナンスは、建物の工法や経年劣化の状況によって異なりますが、一般的には10年を目安に検討した方が良いのは、外壁・屋根の塗装やシーリングの打ち替え、内装のクロスの張り替えといったところです。10年程度であれば、建物としてはまだまだ十分な強度を保っているはずですので、そこまで多くのメンテナンスは必要ないでしょう。ただし、痛みが気になる箇所があったり、雨漏りしているような場合には、放置しておくと劣化が進んでしまうため、早めに対処する必要があります。

築20年から30年で検討すべきメンテナンス

注文住宅を建ててから20年から30年も経ってくると、さすがに建物も劣化してくるため、本格的なメンテナンスが不可欠です。そのタイミングで検討すべきなのは、外壁・屋根の張り替えや内装のクロスの張り替えなどですが、それに加えてキッチン本体やトイレの便器、給湯器なども交換した方が良いでしょう。特に、外壁や屋根については、長年にわたって風雨にさらされるため、一見すると何ともないように見えても、実際にはかなりダメージが蓄積している可能性が高いです。そのため、なるべく長く家に住み続けられるようにするためにも、ハウスメーカーと相談しつつ、できる限りこのタイミングでしっかりとメンテナンスをしてしまった方が良いでしょう。

建売住宅は、リーズナブルに購入できて、契約後すぐに入居できるため、生活設計を立てやすいです。但し、メンテナンス費用がかかることも多いので、アフターサポートの有無を確認する必要があります。