注文住宅と分譲住宅の違いについて

初めてマイホームを持つとなった時、まず考えなくてはならないのは、分譲住宅にするのか注文住宅にするのかといった事です。分譲住宅は、プロの視点から住みやすさを考慮して作られた建売が多いため、購入時の価格が明確であったり、外観が周辺とマッチしているというメリットがあります。しかし、間取りを選択できず、細部までこだわりたい人には、融通が利きません。

注文住宅の場合、土地探しから始め、自分が希望する家の広さや間取りを決めることができます。注文住宅を建てる際は、建築士やハウスメーカー、不動産会社に設計を依頼し、施工会社に建築を依頼するのが一般的です。家が出来上がっていく過程を全て確認でき、希望通りの家が手に入れられるので、満足度は高く家への愛着も増します。

注文住宅の平均建築費はどのくらい?

2019年度に建てられた注文住宅の平均建築費は、住宅面積約125.8m2、建築費約3,454万円、首都圏の注文住宅平均建築費は、住宅面積約125.2m2、建築費約3,772万円でした。(住宅金融支援機構のデータより)

注文住宅は、予算に応じて建築できるので、1,000万円台から建築できますが、1,000万円台では、コストを抑え、シンプルな外観や間取りの家づくりがメインとなります。2,000万円台で注文住宅を建てる場合、どこにお金をかけるのか、予算配分のメリハリがポイントとなります。内装を安価にし、台所をグレードの高いシステムキッチンにするといった具合です。3,000万円台であれば、家に取り入れたい希望が叶えやすくなります。家族構成に合った間取りや好きなデザイン、憧れの設備の導入も可能です。4,000万円台以上の予算であれば、さまざまなプランが実現可能です。自分の希望通りの注文住宅が建てられるでしょう。

一戸建ての住宅は周囲から独立した作りなので、暮らしの中で生じる騒音や振動の影響を受けにくい特徴があります。また、プライバシーの保護も容易なので周りの影響を避けたい人に最適です。