注文住宅が建つまでの工程とは

注文住宅は、一朝一夕に建てられるものではありません。一から検討を始めて完成に至るまでには、様々な工程を経る必要があるのです。注文住宅の建築を思い立った場合にまずやらなければならないのは、情報収集です。自分なりに必要な情報を集めて、希望する条件を固めた上で、それをかなえてくれるハウスメーカーを選ぶようにしましょう。また、もし家を建てる土地がないのであれば、並行して土地探しも行わなければならないので、そのための期間も頭に入れておく必要があります。無事にハウスメーカーが決まれば、建築請負契約を結んでいよいよ建築プロセスに入ることになります。まずは建物の設計を行い、その次に実際の施工に取り掛かることになるのです。

各工程に要する期間とは

注文住宅が完成するまでの期間は、前述の各工程にそれぞれどれくらいの期間をかけるかによって変わってきます。まず、情報収集からハウスメーカーを選定するまでには、一般的に1ヶ月から3ヶ月ほど要する場合が大半です。その後、土地を探して、プランを確定し、ハウスメーカーとの契約を締結するのに、3ヶ月から6ヶ月ほどかかると思っておいた方が良いでしょう。さらに、建築工事に3ヶ月から6ヶ月、引渡しまでに1ヶ月ほどを要するため、全て合わせると、短くても1年は必要となってきます。もっとも、1年というのは各工程がかなりスムーズに進められるケースですので、実際には1年半から2年くらいはかかると考えておいた方が良いでしょう。